無垢材にこだわるワケ|無垢材や漆喰など天然素材を使用した家を建てるならe-材木屋の家ドットコム。

無垢材にこだわるワケ

日本の木の家
国内には豊かな森が有りながら安価な輸入木材に依存したため、日本の山が荒れています。桧や杉の人工林は伐採し手入れしてこそ丈夫に育ちます。
今、私たちにできることは気候風土に合った日本の山の木で家を建て環境を守ること。
豊かな木々が伐期を迎え私たちを待っています。
日本の木の家


本物なのにローコスト
本物なのにローコスト
国産木材は高価なもの?と言うイメージをお持ちの方が多いですが、実はそのようなことはありません。
たとえば、桧のフローリングで節の有るグレードは合板フローリングの中級グレード品とほぼ同等の価格です。
住んでからの心地よさ、使い込むほど良い色に変ってゆく本物のフローリングはメンテナンスも容易で長持ちしますので結果的には割安な素材なのです。


地球環境にエコな住まい
木材は製品になるまでのエネルギーは鉄やコンクリートと比べて格段に少ないです。逆に二酸化炭素を吸収して育つので地球環境を良くする素材なのです。
計画的に伐採、植林を繰り返し二酸化炭素を吸収した木材を使った住宅は街の中にある森の様なものなのです。
地球環境にエコな住まい


住む人にもエコ
住む人にもエコ
木の熱伝導率は鉄の300分の1です。木をふんだんに使う木造住宅は断熱効果も高く、湿気を吸ったり排出したりと呼吸していますので室内の空気環境を良くしてくれます。
住む人の健康にも貢献し冷暖房の光熱費も低く抑えることができるので住んでからもエコな住まいです。


  • ホーム
  • 無垢材にこだわるワケ
  • 自然素材について
  • モデルハウス
  • 事例のご紹介
  • 建築の流れ